Arai Architects / 株式会社アライ設計

環境方針

人々が安らぎと潤いのある恵み豊かな地球環境の恵沢を享受し、維持し、次の世代に引き継ぐために、我々は建築・都市づくりを通じて、この美しくかけがえのない地球環境の保全及び創造を積極的に推進します。

  1. 当社が行う活動が環境に与える影響を的確に捉え、この環境方針に反映します。
  2. 日常の事務所内活動においては、紙使用量削減、ゴミの削減及び事務所における照明、空調、OA機器用エネルギーの使用量削減に努めます。
  3. 建築物の設計に当たり、建築主と協働して、以下の各項の達成に努めます。

(1) 自然利用

自然の光・熱・風の活用、断熱性の向上、化石エネルギーの有効利用など、様々な自然・未利用エネルギーの活用に心掛ける。

(2) 人体に無害な材料の使用

発ガン性・揮発性物質等の含まれていない、人にやさしい自然素材の使用を心掛ける。

(3) 地域環境への対応

周辺地域生態系の保全と修復に努め、地域に根ざした歴史・風土を尊重し、魅力ある景観づくりに努める。

(4) 再利用・再生利用の促進

建物の長寿命化を図るため、長持ちする材料・構法の検討を行い、将来の機能変化に応じられるよう、リニューアル工事の備えにも配慮して計画し、再利用・再生利用可能な材料の採用により、建設廃棄物の削減に貢献する。

(5) 環境負荷の少ない材料及び構法の利用

資源の枯渇に配慮した材料、環境負荷の少ない材料(エコマテリアル)及び構法の採用を心掛ける。

  1. 汚染の予防と環境パフォーマンスの継続的改善のために、目的・目標を定め、定期的に見直しを行います。
  2. 環境に関連する法律、条例及び当社が同意する他の要求事項の遵守を約束します。
  3. この環境方針は、当社ホームページに明記され、それらを使った社外広報活動や環境教育を実施して、当社スタッフ及び協力会社担当者に周知します。
  4. この環境方針のコピーは、一般の人からの要求があれば提供します。

2002年7月15日 株式会社アライ設計

home
profile 会社概要
works 環境方針
blog
contact
access
「建築・環境・福祉」 Architecture Environment Welfare